<説教要約>「世の光、主イエス」 2018年9月9日

詩編36章6節~10節/ヨハネによる福音書8章12節~30節

熊江 秀一牧師

 「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」。主イエスは仮庵祭の時、神殿の布陣の庭に高く据えられた燭台を前に宣言した。

» 続きを読む

<説教要約>「主イエスと姦通の女」 2018年9月2日

詩編103章1節~13節/ヨハネによる福音書7章53節~8章11節

熊江 秀一牧師

 主イエスのもとに姦通の現場で捕らえられた女が連れてこられた。律法学者たちは「こういう女は石で打ち殺せ」と律法は命じるが、どう考えるかと主イエスに問うた。この問いはどう答えても不利になる。イエスを訴えるための口実であった。

» 続きを読む

<説教要約>「生きた水の流れ」 2018年8月26日

エゼキエル書47章1節~9節/ヨハネによる福音書7章37節~39節

熊江 秀一牧師

 主イエスは私たちを精霊の恵みに招く。主は精霊を「生きた水」と呼ぶ。そして「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」と招かれる。

» 続きを読む

<説教要約>「主イエスの兄弟たち」 2018年8月19日

ヨブ記24章1節~13節/ヨハネによる福音書7章1節~9節

熊江 秀一牧師

 主の兄弟がイエスに「ユダヤに行き、…自分を世にはっきり示しなさい」と勧めた。その教えとしるしを知っていた身内ならではの勧めである。しかし彼らはそれが信仰に結びついていなかった。血縁と信仰とはまったく別である。その人が神と出会わなければ、神の時が来なければ、信仰を持つことはできない。私たちがなすべきは、その時が来ることを信じて、祈り、執り成し、主を伝えていくことである。

» 続きを読む

<説教要約>「暗闇の中で見た光」 2018年8月12日

 イザヤ書8章22節~9章6節/マタイによる福音書4章12節~17節

高橋 真之伝道師

 「悔い改めよ、天の国は近づいた」。主イエスは、この言葉によって福音伝道を始められた。

 天の国とは、神様がすべてを御支配される国のことである。悔い改めとは、神様の方を向いていなかった私たちを神様の方に向けることである。つまり主イエスは、この言葉によって「神様の御支配がもう始まっている、だからこそ、私たちの進む方向を変えて神様の方に、天の国に向かって歩みなさい」と語っているのである。

» 続きを読む

<説教要約>「永遠の命の言葉」 2018年8月5日

イザヤ書6章1節~8節/ヨハネによる福音書6章60節~71節

熊江 秀一牧師

 教会は「聖なる教会」である。しかし、罪人の群れとして弱さもある。日本基督教団も戦時下、罪を犯した。

 主に従った弟子たちにも弱さがあった。多くの弟子が主の言葉につまづき、去っていった。主は嘆く。「この言葉につまづくとしたら、私が『上る(十字架、復活、昇天)』のを見るならば、つまずきはどれほど大きいか」

» 続きを読む

8月賛美礼拝

「worship_8.pdf」をダウンロード

» 続きを読む

<説教要約>「命のパン」 2018年7月29日

 出エジプト記3章13節~14節/ヨハネによる福音書6章22節~40節

熊江 秀一牧師

 自分たちの腹を満たすために主を求めてきた人々に、主イエスはご自分が来られた目的を告げる。主は朽ちる食べ物のためではなく、永遠の命に至る食べ物のために働きなさいと告げる。「永遠の命に至るために働く」とはどういうことか。それは主イエスを信じることである。主を信じることこそが神の業であり、永遠の命に至る食べ物のために働くことである。

» 続きを読む

<説教要約>「人はパンのみで生くるにあらず」 2018年7月22日

 申命記8章1節~10節/マタイによる福音書4章1節~11節

高橋 真之伝道師

 主イエスは、荒野で悪魔から石をパンに変えるように誘惑された時に「人はパンのみで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と高らかに宣言し、その誘惑を退けた。

» 続きを読む

<説教要約>「湖上を歩く主」 2018年7月15日

 詩編107編23節~32節/ヨハネによる福音書6章16節~21節

熊江 秀一牧師

 5000人の食事の後、主イエスはひとり山へ退かれた。人々がイエスを王にしようとしていたからである。彼らにとって王の条件は、ローマの支配から解放し、自分たちの腹を満たしてくれる方であった。しかし主イエスは、十字架の命を持って人々を養う王であった。私たちは自分に都合の良い主の姿を作り上げてしまう。そんな時、主は私たちの元から退かれる。

» 続きを読む

«<説教要約>「五つのパンと二匹の魚」 2018年7月8日